コレクション > デジタル化資料 > 操作ガイド


操作ガイド

資料一覧画面の説明 / 画像ビューアの使い方 / OPACからのリンク


画像の表示にはAdobe Flash Playerが必要です。動作環境などは以下のページをご覧ください。
   画像ビューア(iPallet/Lime)の使用方法とご利用上の注意事項

資料一覧画面の説明

list
  1. 資料名
     クリックすると画像ビューア画面が開きます。
  2. 資料の情報
     出版者やページ数などの情報です。
     【複製あり】と表示されるものは、ゼロックスコピーによる複製があります。
  3. 画像情報
     印刷方式、デジタル画像の枚数
     デジタル化の割合(全体か一部か)
  4. 所蔵情報
     資料現物の請求記号と登録番号です。クリックするとOPAC画面が開きます。
     「OPAC未登録」のものはリンクされていません。
画像ビューアの使い方

最初に画像補正なしの画面が開きます。 画面右上に「無補正」と表示されています。


①移動ボタン

  • Index: デジタル化資料の一覧画面に戻ります
  • Start: 一番最初の画像を表示します
  • Back: 前の画像を表示します
  • Next: 次の画像を表示します
  • End: 一番最後の画像を表示します

②画像操作ボタン


  1. サイズフィット: 画像を現在の表示範囲に合わせて表示します
  2. 縮小: 画像を1/2倍縮小表示します
  3. 拡大: 画像を2倍拡大表示します
  4. ズーム・スライダ: マウスでスライドすると任意の倍率で画像を拡大・縮小します
  5. 左回転: 画像を左に回転します
  6. 右回転: 画像を右に回転します
  7. 印刷: 印刷ダイアログが開きます
  8. ロケータ表示切り替え: ロケータの表示/非表示を切り換えます
③ロケータ
現在の表示位置を示します。赤枠内が表示部分です。
マウスでドラッグすると表示位置が変更できます。

④補正ボタン

「補正」ボタンをクリックすると、高コントラスト処理された画像に切り替わります。
画面右上に「高コントラスト処理」と表示されます。
①~③の操作は無補正画面と同じです。
④の「無補正」ボタンをクリックすると、補正なしの画像に切り替わります。




OPACからのリンク

デジタル画像がWebで閲覧できる資料は、OPACのコメント欄に「Web閲覧可」と入力されています。


「登録番号」欄にある のアイコンをクリックすると、以下の画面が開きます。
タイトルをクリックすると、画像ビューア画面が開きます。